スマホユーザは100円ショップを活用されたし | 株式会社イー・フュージョン
Loading...

新着情報


スマホユーザは100円ショップを活用されたし

2018年11月16日

スマホユーザは100円ショップを活用されたし

企業サイトのコラムということで、本コーナーは硬い記事が多くて・・・
今回はコーヒーブレイクにスマホ100円ショップ(略して100均)ネタ。
言ってみれば役に立つ箸休めをお届けいたします。

for iPhone2017 ???
iPhone2017ってどういうこと?

100均業界は、日本で長らく続いているデフレ時代の勝ち組として、今ではどこのご家庭でも、あると便利な小物を、低価格で供給する存在となっていることに異論はないと思います。
でも、どちらかというとローテク商品のイメージが強い商品揃えだと思っていたら、スマホの裾野分野に進出してきて、2年ほど前にはUSB急速充電ケーブルの件で取り上げたりもしました。
それからしばらくの間、コラムにするほど目に止まるモノはなかったのですが、このところエッ!ということがいくつかあったので、ちょっと前のモノもありますが、まとめて取り上げてみようと思います。

ということで、先日某100均に行って色々仕入れて来ました。
行ったのはレジが6台ある大きな店舗なのですが、行ったときは各レジごとに並んだお客さんの列がなんと各10m超。買うのをやめようかと思ったりもしたのですが、100均ショップ儲かってます!

では、以下でその戦果をご覧あれ。

iPhone X用画面保護ガラス@去年iPhoneX発売時

冒頭の写真は昨年(2018年)の11月4日に撮ったもの。前日11月3日がiPhoneXの発売日。翌日100均に行ってみたら、「iPhoneX」用ではなく「iPhone2017」用というパッケージがあったのでビックリ。どうみても、形状が「iPhoneX」用にしか見えず、その場で棚にあっただけ買い占めたという戦利品の証拠写真です。

世の中、今でも量販店あたりでは最低でも1,000円からの価格のiPhoneX保護ガラスが、発売とほぼ同時にたった100円(税別)で売っていたのですから、100均恐るべし。
もちろん、戦利品は社内に配ったのは言うまでもありません。

ところで、写真を見て気が付かれた方も多いと思いますが、登場直後のiPhoneX新機能ポートレートモードで撮ったわけですが、ボケ方が変ですね。被写体が人間でないからか、被写界深度の処理が不自然なこと、今更ですが気がつきました。これって直っているのかな・・・

iPhone X/Xs/Xs MAX用画面保護ガラス/フィルム@今年

今年版は写真のようにガラスもあればフィルムもありで、バリエーションがあります。

iPhoneX_glass iPhoneX_glass2 iPhoneXsMax_glass 

パッケージからしてカラフルで、内容も選り取り見取り。ガラスのモノは、厚みが0.33mmと厚めですが、用途を考えたら個人的にはこれらで十分かと。

高くて評判の良い保護ガラス/フィルムでも、使い込んでいく内に縁が欠けるというか剥がれてきたり、最初はツルツルで指の滑りが素晴らしいガラスでも、使い込んでいくに従って段々ツルツル度合いが落ちていきます。
それよりも、この種のお安いモノをドンドン張り替えて使ったほうが良いのではないかと思っています。
まだ、量販店やネット通販でお高いモノを買っていられるのであれば、一度お試しして損はないと思います。お試しに掛かる費用は100円(税別)ですから。

スマホユーザに薦めたい充電・通信ケーブル@もちろん今年

さあ、いよいよ今回一番のネタです。
まずは写真をご覧ください。個人的リサーチによると、最初の写真のモノが某D100均で次のモノが某C100均、どちらも100円(税別)で入手可能です。

Lightning_micro-B Lightning_and_micro-B_2

袋を開けて出てきたケーブルの両端は、一方が一般的なUSB-Aで他方が写真のように一見Lightningコネクタ風。

Cable_figure1

でも裏返すとmicroUSB-Bっぽい。そうです、上のパッケージに書いてあったように、Lighting対応でありながらmicroUSB-B対応でもあるという一本で両方に対応するケーブルなのです。しかも、充電だけでなく通信もできるというスグレモノなのであります。

Cable_figure1 Cable_figure2 Cable_figure3 Cable_figure4 

これ一本で iPhone/iPad(今年のiPad Pro11/12.9を除く)やちょっと前のAndroid(XpeiraでいえばXperia-XZより前のモデル)やBluetoothイヤホン、モバイルWiFiルータなどへの充電ができてしまうという代物です。

残念なことに、最近のQualcommのQuick Charge、SamsungのAdaptive Fast Charging、HUAWEIのFCPといった急速充電には対応していませんが、普通はこれで十分という人が多いはずです。
こんな便利なものが、いつの間にか100均で売られていたのです。

これにmicroUSB-BからUSB-C変換アダプタを用意すれば、最近のUSB-Cコネクタを装備したSamsung Galaxy S9やSONY Xperia XZ3、Essential Phone PH-1、Google Pixel3あたりと充電だけでなくPCとの間で通信ができてしまう、というわけ。

micro-B_usb-C micro-B_usb-C_2 micro-B_usb-C_3 

整理すると、ケーブル1本と変換コネクタ1個、それぞれ100円(税別)で合わせて200円(税別)ポッキリ。たったこれだけでほぼあらゆるモバイル機器に充電・通信ができてしまうのです。

これを知らずに、それぞれに高いケーブルを買っている方々の気が知れない、とまでは言えませんが、急速充電用途を除いてあらゆるスマホユーザの普段使い、または非常用にこれ一本を持っていて損はありません。かなりお勧めではないかと思っております。

両端USB-Cケーブル@そりゃもう今年

今回のオマケの情報は、写真の両端USB-Cケーブルです。

usb-C_usb-C

最初に見たときは、まさかと思いつつとりあえず買ってみました。
ここ2年ほどのAndroidはUSB-Cが標準になっていますから、まあそれに使えれば良いかと。ダメで元々投資額は100円(税別)ですから。

Essential Phone PH-1で試してみると、ちゃんとUSB-PDとして動作している・・・みたい。ついでにMacbook(12インチ)で試してみました。なんとApple純正ケーブルと同じように充電できる、ビックリ。ついでのついでに、Macbook Pro(13.3インチ)にもトライ、ちゃんとUSB-PD対応ケーブルとして動作するのですよ。

パッケージのどこにも、USB-PDという文字はありませんが、何本か買って試した範囲ではUSB-PDでイケるということになっているようです。これはUSB-PD対応ケーブルではないですか、間違っています?

ご注意いただきたいこと

100均に限ったことではありませんが、スマートフォンのケーブルや充電器などの充電関連商品の利用には、ぜひご注意いただきたいことがあります。
スマートフォンに内蔵のリチウム電池は、たまにニュースでも発火事故が取り上げられるように、なんらかの条件が重なると発火することがあるらしく、一度発火すると消化しにくいそうです。
そのため、ご経験済みかもしれませんが、航空機へ搭乗する際は機内手荷物としてはOKでも、貨物室への預入れはIATA(International Air Transport Association – 国際航空運送協会)的に禁止となっているようです。
100均商品は安くて便利ですが、安いには安いなりの理由があるはずですので、ご利用に関しては、利用される個人の責任においてお願いします。

今回は、個人の経験にもとづいて地に足の着いた100均活用、充電・通信ケーブル編をお贈りしました。どれもこれもお安く手に入りますので、簡単にお試しいただけると思います。
えっ、もうとっくに知っていた!?
そういう方は、新しく良いモノが出たらぜひ当社窓口 info@efusion.co.jp 宛までご連絡ください。楽しみにお待ちしています。

もちろん、本業のアプリ全般の企画・開発に関するご相談も大歓迎でございます。諸々ご連絡お待ちしていますので、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

案件のご依頼やご相談などお気軽にご相談ください。

ご依頼やご相談はこちらから
ページトップへ

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-16
Tel. 050-5533-3616 / Fax. 048-611-8619