アプリ活性化策のコツは?(プッシュ通知編) | 株式会社イー・フュージョン
Loading...

新着情報


アプリ活性化策のコツは?(プッシュ通知編)

2018年11月22日

アプリ活性化策のコツは?(プッシュ通知編)

最近、アプリ開発の中でもマーケティングに関するご依頼が増えてきました。本格的に実施すると、月数十万円から100万円という価格帯になりそうな分野ではありますが、弊社では低コストで実現が可能です。

今回は、その中でもプッシュ通知に特化して、ご紹介したいと思います。

前提としては、すべてiOSおよびAndroidについて記述しています。ブラウザなどでもプッシュ通知は使えますが、また改めて記載しようと思います。

プッシュ通知の仕組みについて

プッシュ通知には、ローカルプッシュとリモートプッシュがあります。ローカルプッシュは、サーバーを利用しない形で、プッシュ通知を行います。タイマーなどで、ある時間が来れば、プッシュ通知を配信するということができます。弊社アプリのVoice Recorder HDでも実装されており、録音がバックグラウンドで動作している際のアラートとして利用されております。 一方、リモートプッシュは、サーバーを利用してプッシュ通知を実現しています。メールアドレスなどでメール送信するのと、感覚的には似ているのかなと思います。ただ、それとは違い、メールアドレスのような固定値はなく、iOSであればアップルのサーバー(APNs)、AndroidであればGoogleのサーバー(FCM、以前のGCM)が間に入って、デバイスの固有の値を特定せずに、配信します。
APNsやFCMがメールサーバーだとすると、メールクライアントみたいなものもないと、うまく配信できません。それがプッシュ通知サーバーと呼ばれるものになります。 プッシュ通知は、先ほど書きましたとおり、デバイスの固有の値を持っていないので、デバイストークンという値を発行して、その値で端末を特定し配信します。要は、アプリを削除してしまうと、この値は消えてしまいますので、メールアドレスのように、ずっと送り続けることはできません。

プッシュ通知の流れ

様々な送信方法で活性化

少し技術的なところも入ってしまいましたが、ここからが本題です。プッシュ通知はメールアドレスを使った配信のようですが、永続的に利用はできないので、そのあたりをうまく利用しながら使っていく必要があります。
アプリを作る際に、いくつかの情報をアプリ利用者に質問してみましょう。例えば、年齢やよく利用する店舗、趣味などです。あまりいわゆる個人情報的なところになると、プライバシーポリシーやEUなどでのGDPRなどのことも考慮しないといけないため、最低限に留めるのがよいでしょう。例えばこれらの情報をアプリの初回起動時に質問する仕組みにすると、スムーズに登録が進み、アプリを利用している方の情報が見えてくるようになりました。また、こちらもアプリ利用者の許諾を取った上でですが、位置情報なども登録されると、さらに利用ユーザーの細かい情報が取得できます。
これらの情報を元に、ニーズに即した配信ができるようになります。若い方向けに配信仕様だとか、ある特定の地域に送ろうだとか、です。これまで、アプリの機能しか提供していなかったところにマーケティング的な価値が出てくるようになります。

プッシュ通知は、リアルにつながります


弊社が利用するプッシュ通知サーバーでは、スケジュール配信や自動繰り返し配信も可能で、決まった時間やアプリを立ち上げてから10日後に送信したいというニーズにも答えることができます。ゲームのアプリなどでよくありますが、起動していないと、起動を促すプッシュ通知もこの機能を利用しています。
ちなみ、さらにメールアドレスなどを取得することで、紐づけがしやすくなりますが、この場合は別途サーバーが必要になり、コストが上がってくることになります。

その他の機能

こちらは、プッシュ通知とは直接関係ありませんが、ディープリンクというのもあります。これは、プッシュ通知や他のメディアでリンクをタップした場合は、自分たちのアプリを立ち上げて、特定のコンテンツを表示させるリンクです。通常、URLなどのリンクはブラウザで特定のコンテンツを閲覧するためのものですが、これをアプリにも応用させたものになります。
プッシュ通知で送ったメッセージに含まれるリンクをタップすると、アプリを立ち上げて特定のコンテンツ部分を表示させるようなことができます。アプリを通常に使っていると、当たり前の機能ですが、実現するには少しの手間がかかります。
なるべくアプリ内で遷移させ、外の世界(Safariなどのブラウザ)に行かせないという考え、積極的に利便性を考慮しブラウザへの遷移をさせたりする場合もあります。

まとめ

プッシュ通知をうまく活用することで、アクティブユーザーの活性化につながると思われます。ただ、プッシュ通知の特性をよく理解して利用しないと、あまり効果がなかったり、逆効果になることもあります。メールで送っても読んでもらえないという状況の場合には、スマホ端末に直接届きますので、効果が高いと思われます。
弊社のスマホ開発パッケージでは、標準でプッシュ通知が備わっております。柔軟なカスタマイズの対応も可能ですので、ぜひご相談ください。また、弊社のカスタマイズしやすいパッケージのホームページもぜひご覧ください。

お問い合わせ

案件のご依頼やご相談などお気軽にご相談ください。

ご依頼やご相談はこちらから
ページトップへ

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-16
Tel. 050-5533-3616 / Fax. 048-611-8619